指の症状 指に関する症状リスト

筋緊張により 可動域Down→ 痛み

 

【症状】腱鞘炎

【対象】女性に多い

 

腱鞘炎または、指の使いすぎにより指に、痛みを訴える方が多く見受けられます。


最終的にそういった方は、指が後ろに反らず、バレーボールを両手で挟んだ様な指が曲がった状態で、固まっています。


これは、筋肉の緊張により固まっています。

また、指が後ろに反れず、固まっている方は手首も大概固まっています。

指は、ピアノのキー(指)とピアノ線(腱)のような関係で動いています。

指を後ろに反らすと、手の甲に腱が浮き出ますが、これがピアノ線の役割をして指を動かしています。

腱鞘とは、その腱を覆う「膜」「鞘(さや)」のことです。

指の使いすぎにより、この「腱」と「膜である鞘」が擦れて「炎症」を起こしていることを「腱鞘炎」と呼びます。

ひどくなれば手術ということも考えられます。

また使わなければ、自然に治っていくことも考えられますが、かなりの時間を要しますし、痛みも伴います。

また、指がかなり固まってきてしまいます。

 

【対策 日常】

・安静

・湿布を貼る

 

【対策 整骨院での治療】

炎症により痛みを出している「1次痛」高電圧治療器で除去します。

そして、筋肉の緊張により痛みを出している「2次痛」をまた高電圧治療器の違う波形でとっていきます。

また、それをテーピング、サポーター等で固定していきます。

この固定の力というのはばかには出来ず、かなり治癒促進に働いてくれます。

高電圧電気治療器は、筋肉の奥10cmまで届きます。

また、指を動かしているのは前腕の筋肉になります。

指を傷めている方は、必ず前腕の筋肉も酷使しており、前腕の筋肉も傷んでおります。

この部分をマッサージ、そしてIDストレッチでほぐしてあげるとかなり楽になります。

そうすると手首から指にかけてかなり楽になります。

治療方法紹介

 

筋緊張により 可動域Down→ 痛みについて当院では以下のような治療をしています。

神経ブロック 超音波治療器

神経ブロック 超音波治療器
高電圧電気治療器は筋肉の奥10cmまで届きます。​

IDストレッチ

IDストレッチ

体に痛みや歪みを引き起こしている原因の筋肉を見つけて、痛みをとりストレッチしていく治療法です。