• 院長石黒篤

内側から体を温める方法・冷やさない方法|浜松市南区・冷えとり健康法



体の冷えは万病の元です。

筋肉や関節の痛みも冷えから出ている場合が非常に多いです。

そこでどうやったら体を冷やさないのか?

体を温められるのか?

という方法をお伝えしますね。

当然、外から体を温めるよりも中から温めた方が効果的です。

電気ストーブやコタツ、エアコンは体の表面だけを温めています。

食事は、中から体を温めます。

そして体を中から冷やさない一番いい方法は、体温以下のものを口にしないことです。

お水はやめて白湯(さゆ)にするとか、そうめんではなく煮麺にするとかです。

また、体を温めてくれる食べ物をなるべく食べることです。

おもしろいことに暖かくても体を冷やす食べ物があります。

代表的なものは、ホッとコーヒーです。

基本的に、夏や南方の食べ物や高いところになっているものは、体を冷やす食べものです。

暖めても体を冷やします。

逆に、冬や北の食べ物や根菜類といった土の中の食べ物は、体を温めます。

でも一番大切なのは、心の冷えです。

精神的に心配なことがあったり、ネガティブだったりすると体も冷えてきます。

浜松市南区のジコサポ保険整骨院では、冷え治療を専門にしております。

磁力で内臓を直接温める「冷えとり治療器」や「冷え取り靴下」をご用意しております。

ぜひ、お気軽に浜松市南区のジコサポ保険整骨院まで聞いていただけたらと思います。

ジコサポ保険整骨院の冷えとり治療法についてはこちらでお伝えしています

#ジコサポ