• 院長石黒篤

ギックリ腰(腰痛)で受診された患者様の声 :浜松市南区のジコサポ保険整骨院



【 ギックリ腰・腰痛 で 受診された患者様の声 】

治療を受けてしっかり治すことの必要性を教わりました。

丁寧に診ていただけました。

痛い部分 だけでなく、体全体(筋肉)が つながっている事を教えていただき

今後 自分でもどうしたら良いかも教えていただけたのが 良かったです。

ジコサポ保険整骨院 はゆったりしていて落ちつける雰囲気でした。

常に声をかけてもらえるので、安心 して 治療を受ける事が出来ました。

浜松市神田町 45才 女性

【ジコサポ保険整骨院 院長石黒より】

腰痛 は 日常生活 や 不良姿勢 が原因で持続的に筋肉に負担がかかり

筋肉が異常に硬くなって起こることが大半です。

ジコサポ保険整骨院 では痛みを取り除くことは勿論ですが原因となっている

日常生活の改善 ・ 姿勢改善 ・ 正しい運動指導を行い根本的な 原因改善を行っています。

そのために 腰痛 の メカニズム をしっかり患者さんにご説明させていただきます。

どんなことでもお気軽に、御来院、ご相談下さい。

ぎっくり腰を放置していくと「瘢痕化」が起きます。

「瘢痕化」とは、怪我の繰り返しにより筋肉、軟部組織が固まって癒着してしまう事です。

よく何度もぎっくり腰を起こしている患者さんに

「おじぎ(前屈)をして下さい」と言うと、床から50cmくらい指が離れている人がいます。

これはぎっくり腰をやった場所が「瘢痕化」を起こしていてそこが溶接のようになって硬くなっし

まっています。

溶接なので柔軟性はゼロです。

何度もやっているので溶接だらけの状態になっています。

瘢痕化した部分は柔軟性がないので、同じ場所を何度も痛める原因となります。

もちろん血行不良の状態にもなっています。

腰から背中にかけて溶接の横線が何本も入っているイメージです。​

なのでおじぎをすると、床から指が50cmも離れます。

ここまでいってしまうと元に戻すのは非常に難しいと思います。

ぎっくり腰をやった後、治療を受けず家でじっとしていたという人が多いですが

瘢痕化を引き起こします。

ですので、瘢痕化になる前に、早期に治療を行うことと​、定期的に治療を受けてメンテナンスを

していく事をお勧めします。

ぎっくり腰になったらすぐに治療を受けましょう。


コラム;院長の治らない治療の話 3

病気・痛みは自分

専門治療の詳しい説明はこちらです

#腰痛 #ジコサポ