• 院長石黒篤

体の痛みがピラティスをしたら治った:浜松市南区若林町の整骨院院長の話

こんにちは


浜松市南区若林町ジコサポ保険整骨院の石黒篤です。


痛みを持つ患者さんに、よくこんな質問を受けます。

今日は、なぜ痛みが出るのかについてお話をさせていただきます。


体の痛みについて

*なぜ?何もしていないのに痛いんですか?

よくこんな質問を体に痛みを持った方から質問されます。


もちろん、患者さんは痛みがあるので来院されるのですが


私が「痛くなるようなことを、何かしましたか?」と質問をすると


「何もしていないんだけど、痛いんだよね。なぜなんだろう?」


という返事をされる方が多いです。


そんな時に私は


「これは、なぜ痛いのかと言ったら何もしないから痛いんです」


とお答えをさせていただいております。


多くの方は?????と思ったと思いますが、ご説明させていただきますね。


体を傷めてしまう方法は、二つあります。


交通事故のように突然急に、勢いよく来る場合です。


これを私たちは急性の怪我と呼んでいます。


もう一つは、建物が数十年かけて自らの重さで歪んでくるようにゆっくりくる場合です。


これを私たちは亜急性と呼んでいます。


人間も機械と一緒で動かしていると調子がいいように出来ています。


つまり説明をするとこんな感じです。


車を新車で買って1年間全く動かしてなくてエンジンかけようと思ったら、全く動かないんだけど何故なんだろう?


と言っているのと同じです。


そうです、答えは動かさなかったから動かないんですね。


現代人は、長時間パソコンの前に座っていることが多いですが、人間は元々そういう風には作られてはいないんです。


それなのでちょっと体が痛いなと思ったら、大事にせず体をガンガン動かしてみて下さい。


そうすると軽いものなら治ります。





以前こんな相談も受けました。


その方は、遠方だったので来院はできないんだけど今、腰がものすごく痛いんだけどどうしたらいいですか?


との質問でした。


その方は、ピラティスをしていたのを覚えていたので

「今日はピラティスのクラスはありますか?」

とその腰痛のある方に聞きました。


そうしたら、今日はピラティスのクラスがあるというので

「これ以上できないというくらい真剣にガンガンにピラティスのクラスを受けて下さい。そうすれば、治ります。」

とその腰痛の方にアドバイスさせていただきました。


その日の午後にその腰痛の方からメールがあり


「すっかり腰痛が治りました」


と書かれていました。


これがものすごくわかりやすい

何もしていないのに体が痛い原因の例です。


あとからその腰痛の方から詳しくお話を聞くと

週末に長時間ドライブをしていたそうです。


つまり、同じ姿勢で体を変えず、ある一部分の筋肉だけを緊張させていたということです。

そのおかげで体に痛みが出ました。


途中、しっかり体操なんかをすればまた違ったかと思います。


私も整骨院で「お大事に」と言いますが


本当のことを言うと「大事にしないで下さい」(笑)と思っています。


些細なことでも何でも、体のこと痛みのこと健康のことについて

聞いていただけたらと思います。



腰の痛みについていろいろと詳しくお伝えしています


ジコサポ保険整骨院:浜松市南区若林町858-6

TEL 053-449-5877


54回の閲覧